2016.9.11 19:36

“東京五輪の星”国士舘高・飯田が2連覇!/柔道

“東京五輪の星”国士舘高・飯田が2連覇!/柔道

 柔道の全日本ジュニア体重別選手権最終日は11日、埼玉県立武道館で男女各4階級が行われ、男子100キロ級は18歳の大器、飯田健太郎(東京・国士舘高)が2連覇を達成した。飯田は8月の全国高校総体も2連覇。

 男子100キロ級の飯田は格の違いを見せつけて2連覇。得意の内股がさえ「昨年より力もスタミナもはるかについている」と胸を張った。

 187センチの長身で骨太の体格に正統派のスタイル。周囲からは早くも「東京五輪の星」と熱い視線を浴びる。リオデジャネイロ五輪の柔道は全てテレビ観戦したそうで「4年はあっという間。そこに出て優勝したいという気持ちが強くなった」と意識が高まった。

 11月の講道館杯で好成績を残せば、シニアの国際大会出場に道が開ける。「努力を怠らず、一つ一つ積み重ねていく」と表情を引き締めた。