2016.8.3 18:01

児玉、団体戦の雪辱果たしV「個人戦ではどうしても勝ちたかった」/高校総体

児玉、団体戦の雪辱果たしV「個人戦ではどうしても勝ちたかった」/高校総体

女子78キロ超級決勝、大成の粂田晴乃(右)を攻める敬愛の児玉ひかる=島根県立浜山公園体育館

女子78キロ超級決勝、大成の粂田晴乃(右)を攻める敬愛の児玉ひかる=島根県立浜山公園体育館【拡大】

 全国高校総合体育大会第7日(3日、シティライトスタジアムほか)柔道女子78キロ超級を制した児玉は、団体戦の雪辱を果たした。決勝の相手は2日の団体準決勝の代表戦で敗れた粂田(愛知・大成)。攻めの姿勢を最後まで貫いて、指導3を引き出して優勢勝ちし「個人戦ではどうしても勝ちたかった」と安堵感をにじませた。

 宮崎県国富町出身。将来、日本の女子最重量級を背負うと期待される存在だ。最後のインターハイで初優勝し「今後につながっていく。取っておきたい思いはあった」と、タイトル獲得の喜びを口にした。