2016.6.29 19:55

来年2月の東京マラソン、出場枠は前回から1000人減

来年2月の東京マラソン、出場枠は前回から1000人減

 東京マラソン財団は29日の理事会で、来年2月26日に開催する大会の出場枠(チャリティー枠を含む)を、10回目だった今年2月の前回から1000人減らし、従来の3万5500人に戻すことを決めた。

 一般の参加申し込みは8月1日から公式サイトで受け付ける。一定額の寄付で出場できる3000人のチャリティー枠は7月1日から先着順で募集する。16~18歳と障害者らが参加する10キロの部は定員500人。

 集まった寄付金の一部を、熊本地震の被災地に分配することを決定。ボランティアの募集方法をこれまでの先着順から事前登録制に変更し、定員を超えた場合は抽選を行うことになった。