2016.6.4 16:02

アントニオ猪木氏、アリ氏の訃報に「ライバル見送ることは非常につらい」

アントニオ猪木氏、アリ氏の訃報に「ライバル見送ることは非常につらい」

1976年6月、格闘技世界一決定戦で、プロレスのアントニオ猪木(右)と対戦するプロボクシングの世界ヘビー級王者ムハマド・アリ氏=日本武道館(UPI=共同)

1976年6月、格闘技世界一決定戦で、プロレスのアントニオ猪木(右)と対戦するプロボクシングの世界ヘビー級王者ムハマド・アリ氏=日本武道館(UPI=共同)【拡大】

 ムハマド・アリさんと日本人で唯一対戦したのが、プロレスラーだったアントニオ猪木参議院議員(73)だ。1976年6月26日に東京・日本武道館でプロボクシングの世界ヘビー級王者だったアリさんと異種格闘技戦を闘った。

 突然の訃報に猪木さんは4日、「あの闘いからことしで40年。こうして、かつてのライバルたちを見送ることは非常につらいものです」と談話を発表した。

  • アントニオ猪木戦を控えて来日、記者会見で両手を挙げるムハマド・アリ氏(中央)=1976年6月、東京都内のホテル
  • 1976年6月、格闘技世界一決定戦でプロレスのアントニオ猪木(右)と対戦したプロボクシングの世界ヘビー級王者ムハマド・アリ氏=日本武道館
  • 1976年6月26日、プロボクシング世界ヘビー級チャンピオンのムハマド・アリ(米国、左)とプロレスラーのアントニオ猪木が対決=日本武道館
  • ムハマド・アリ氏(UPI=共同)