2016.5.21 23:52

【リオ五輪出場決定コメント集】石井「試合に勝って盛り上がりたかった」

【リオ五輪出場決定コメント集】

石井「試合に勝って盛り上がりたかった」

第4セットを制してリオ五輪出場を決めた木村沙織、荒木絵里香ら=東京体育館(撮影・財満朝則)

第4セットを制してリオ五輪出場を決めた木村沙織、荒木絵里香ら=東京体育館(撮影・財満朝則)【拡大】

 リオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア予選女子大会第6日(21日、東京体育館)4大会連続の五輪出場に王手をかけた日本(世界ランキング5位)は、イタリア(同8位)と対戦し、セットカウント2-3(25-23、25-27、25-27、25-21、9-15)で敗れたが、この試合で2セットを取り、リオ五輪出場を決めた。

佐藤あり紗の話「勝たないと(リオ五輪への)切符がもらえないと思っていた。勝って(出場権を)取りたかったけど、すごくうれしい。調子の波がすごくあったので、波を減らせる選手になりたい」

宮下遥の話「勝てなかったけど、(五輪の)切符が決まったことはすごくホッとしている。怖さに負けそうになったときに、仲間やスタッフが背中を押してくれた。そのおかげで乗り越えることができた」

迫田さおりの話「リオ五輪の切符が取れて良かったと思う。(木村)沙織さんが決めれば会場も沸いて、日本に流れが来る。個人的にも沙織さんが決めてくれたら、気持ちも上がる」

古賀紗理那の話「劣勢の場面でも、逃げないように頑張りたい」

石井優希の話「(五輪出場が)決まって良かったが、試合に勝って盛り上がりたかった。ただ、ほっとしているし、いろいろな選手がコートに立って総力戦で頑張れた」

山口舞の話「チームで一致団結し、最後まで強い気持ちを持って挑もうと試合前に話した。苦しみながらも(出場権を)取り切れたのは自分たちの自信になった」

座安琴希の話「うれしいというより、ほっとしたという気持ちが大きい。総力戦と監督に言われていたし、2セットを取られて諦める人はいなかった」

島村春世の話「世界最終予選に出られるのは今回だけかもしれないと思い、1回しかないという気持ちで臨んだ。ワールドカップ(W杯)の比ではない緊張感だったし、歯がゆさを感じながらのプレーだった」

丸山亜季の話「チームとして強い気持ちで臨み、出場権を取ることができてうれしい。目標は五輪の金メダル」

田代佳奈美の話「チームとしては、目標としていた五輪の出場権を獲得することができて良かった。真鍋監督に信頼して起用してもらえるように頑張りたい」

リオへの道

  • リオ五輪出場が決まり、記念写真に納まるバレーボール女子日本代表ら=21日、東京体育館
  • 試合終了後、誕生日ケーキを贈られた古賀紗理那=東京体育館(撮影・甘利慈)
  • 第4セット、レシーブする木村(左)=東京体育館
  • 第4セット、レシーブする木村(左)=東京体育館
  • 第4セットを奪い、リオ五輪出場が決まり喜ぶ木村=東京体育館
  • 第3セットを落とし、天を仰ぐ木村(右端)=東京体育館
  • 第2セット、得点を奪い喜ぶ荒木(中央)ら=東京体育館
  • 第2セット、ポイントを取って喜ぶ木村沙織ら日本代表=東京体育館(撮影・甘利慈)
  • 第2セット、ポイントを得て喜ぶ日本・木村沙織(3)、荒木絵里香(11)ら=東京体育館(撮影:甘利慈)
  • 第1セット、スパイクを放つ長岡=東京体育館
  • 第1セット、ブロックに跳ぶ日本・木村沙織と荒木絵里香=東京体育館(撮影・甘利慈)
  • 第4セットを制してリオ五輪出場を決めた木村沙織、荒木絵里香ら=東京体育館(撮影・財満朝則)