2016.4.17 14:03

日本選手権は谷井が優勝、2位荒井は代表確実/競歩

日本選手権は谷井が優勝、2位荒井は代表確実/競歩

男子50キロ競歩 3時間44分12秒で優勝した谷井孝行=石川県輪島市

男子50キロ競歩 3時間44分12秒で優勝した谷井孝行=石川県輪島市【拡大】

 リオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねた日本選手権50キロ競歩は17日、石川県輪島市の日本陸連公認コースで行われ、世界選手権銅メダルで既に代表に決まっている谷井孝行(自衛隊)が3時間44分12秒で2大会ぶり3度目の優勝を果たした。同選手権4位の荒井広宙(自衛隊)も3時間44分47秒で2位となり、自身初の代表を確実にした。

 4大会連続の五輪出場を狙った日本記録保持者の山崎勇喜(自衛隊)は途中棄権。吉田琢哉(盛岡市役所)は歩型違反で失格となった。

 代表枠は最大3で、谷井のほか、昨秋の全日本高畠大会を制した森岡紘一朗(富士通)も既に決まっている。代表は18日に正式発表される。

  • 優勝した谷井孝行(左)と抱き合って喜ぶ2位の荒井広宙=石川県輪島市
  • 男子50キロ競歩3時間44分47秒で2位となり、ガッツポーズする荒井広宙=石川県輪島市
  • 2位でゴールし、母繁美さんの遺影を持つ父康行さんと喜ぶ荒井広宙=石川県輪島市
  • 男子50キロ競歩競り合う荒井広宙(左)と山崎勇喜=石川県輪島市
  • 男子50キロ競歩途中棄権した山崎勇喜=石川県輪島市