2016.4.16 16:58

平昌五輪目指す浅田、連盟幹部が歓迎「大人の姿勢を感じる」/フィギュア

平昌五輪目指す浅田、連盟幹部が歓迎「大人の姿勢を感じる」/フィギュア

 フィギュアスケートの元世界女王、浅田真央(25)=中京大=が2018年平昌五輪を目指しての現役続行を宣言したことについて、日本スケート連盟関係者が16日、歓迎の意を表した。

 伊東秀仁フィギュア委員長(54)は、東京都内で行われた同委員会終了後、報道陣の取材に応じ、「世界を代表する選手で、中高生の憧れでもある。納得いくまで頑張っていただければ」とエールを送った。

 また小林芳子フィギュア強化部長(60)は「世界的に若い選手が多い中、彼女が同じ場所で自主的にストレッチするなどの姿を見せるのは、他の選手にも好影響を与える」と歓迎。「世界選手権(3日まで、米ボストン)を終えて、自分の何が足りなかったかなどがはっきり分かり、次に進めると感じたのでしょう。彼女自身が言っていたように、1年1年やった先に平昌が見えてくるように積み上げていくという、大人の姿勢を感じる」とした。