2016.4.9 05:03(2/4ページ)

あなたはどれ?五輪エンブレム、公募1万4599作品から最終4候補

あなたはどれ?五輪エンブレム、公募1万4599作品から最終4候補

東京五輪エンブレムA案「組市松紋」(TOKYO 2020提供)

東京五輪エンブレムA案「組市松紋」(TOKYO 2020提供)【拡大】

 東京都内で行われた発表会には、森喜朗会長やエンブレム委員会の宮田亮平委員長(文化庁長官)が出席し、宮田委員長は「議論に議論を尽くして選んだ渾身の作品」と述べた。

 作品A「組市松紋」は日本の伝統色である藍色の四角形を組み合わせた。作品B「つなぐ輪、広がる和」は赤を基調とする輪のデザインで、平和や調和を表現した。作品C「超える人」は「風神雷神」をモチーフに躍動する選手の姿を描いた。作品D「晴れやかな顔、花咲く」は開花する朝顔の形で、大会への期待感などを示した。

 選考の公正さを確保するために応募者の国籍や年齢などは公表しない。類似作品がないかなどを確認するため、事前に商標調査を行い、商標登録の出願手続きを済ませた。

 一方で、1月に選定した最終候補4作品のうち、3作品に商標調査で問題があり、次点や一度は選外となった候補から繰り上げた。またデザインの一部に最小限の修正があったことを認めたが、詳細は明らかにせず、不透明感を残した。

【続きを読む】

  • 最終候補4作品を発表した(左から)エンブレム委員会の杉山愛委員、田口亜希委員、宮田亮平委員長(撮影・松本健吾)
  • 東京五輪エンブレムB案「つなぐ輪、広がる和」(TOKYO2020提供)
  • 東京五輪エンブレムC案「超える人」(TOKYO2020提供)
  • 東京五輪エンブレムD案「晴れやかな顔、花咲く」(TOKYO2020提供)