2016.4.8 17:12

闇カジノ、現役4人が関与 田児はトータルで1150万円の借金も/バドミントン

闇カジノ、現役4人が関与 田児はトータルで1150万円の借金も/バドミントン

NTT東日本バドミントン部に所属する選手らが闇カジノ店に出入りしていた問題で会見が行われた。うつむく田児賢一選手(左)と質問に答える桃田賢斗選手=8日、東京・大手町(寺河内美奈撮影)

NTT東日本バドミントン部に所属する選手らが闇カジノ店に出入りしていた問題で会見が行われた。うつむく田児賢一選手(左)と質問に答える桃田賢斗選手=8日、東京・大手町(寺河内美奈撮影)【拡大】

 国内の違法カジノ店で賭博をしていたことが発覚したバドミントン男子の田児賢一(26)と桃田賢斗(21)=ともにNTT東日本=が8日、東京都内で記者会見。奥本雅之バドミントン部長が、賭博の状況を説明した。

 奥本部長によると田児、桃田のほか、違法カジノ店に出入りしていたのは現役選手4人とOB2人の計6名。選手によって通っていた時期はずれるというが、基本的に全員が田児とともに訪問し、賭博を行っていた。桃田は違法カジノ店に一人で行くことはなく、6回とも田児と一緒に出向いたという。

 現役選手は松丸一輝、佐藤黎、星野翔平、古賀輝の4名。OBは竹内宏気、大越泉の2名が関与していたと発表。女子選手は全員にヒアリングを行った結果、賭博行為や店への入店はなかったいう。田児が他の実業団選手を勧誘していたこともないと発表した。

 田児は賭博の負けが込んで多額の借金を抱えており、トータルで1150万円もの借金が一時あったが、650万円はすでに返済。残りは500万円ほどだという。桃田は借金をしていない。

 奥本部長は田児と桃田が競技で好成績を上げているので、社や部として甘やかしていたのではないかと問われ「特別扱いをした思いはない。結果的にこのような事態になってしまったことは大変申し訳ない」と陳謝した。

 バドミントン部の存続に関して、榊原明総務人事部長(52)は「部の活動は調査がしっかりと終了次第、対処していく」とし、「非常に重大な事態なので普通の活動はできないだろう」と、休部もしくは廃部の可能性を示唆した。

奥本雅之・NTT東日本バドミントン部長の話「誠に残念。今回の件は大変、重く受け止めている。あらゆる対策を講じて再発防止に取り組みたい」