2016.4.8 23:10

サニブラウン、高校総体個人には出場せず/陸上

サニブラウン、高校総体個人には出場せず/陸上

 昨年の陸上の世界ユース選手権で男子短距離2冠に輝いた17歳のサニブラウン・ハキーム(東京・城西高)が、ことしの全国高校総体の個人種目に出場しない方針であることが8日に分かった。指導する城西高の山村貴彦監督が明らかにした。

 今季は7月にポーランドのビドゴシチで行われる20歳以下の世界選手権で100メートルと200メートルの2冠達成を最大の目標に置いているという。初レースは5月3日の静岡国際の200メートルとなる見込み。山村監督は「試合数を減らしたいし、1ランク上の世界で戦わせたい」と説明した。

 サニブラウンは既に200メートルでリオデジャネイロ五輪の参加標準記録を突破している。日本の史上最年少代表だった昨夏の世界選手権では200メートルで準決勝に進出した。