2016.4.6 05:04(1/3ページ)

うえ~ん!15歳・池江、号泣初五輪「死ぬほどうれしい」/競泳

うえ~ん!15歳・池江、号泣初五輪「死ぬほどうれしい」/競泳

女子100メートルバタフライで優勝し、感極まる池江。星(右手前)から、ねぎらわれた(撮影・川口良介)

女子100メートルバタフライで優勝し、感極まる池江。星(右手前)から、ねぎらわれた(撮影・川口良介)【拡大】

 日本選手権第2日(5日、東京辰巳国際水泳場)リオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねて行われ、女子100メートルバタフライ決勝は、4日の準決勝で57秒55の日本新記録をマークした池江璃花子(りかこ、15)=ルネサンス亀戸=が57秒71で制し、初の代表入りを決めた。200メートル自由形も6日の決勝に進んだ。男子100メートル平泳ぎ決勝では北島康介(33)=日本コカ・コーラ=が59秒93で2位。派遣標準記録(59秒63)を突破できず、5大会連続となる五輪出場をこの種目では決められなかった。200メートル平泳ぎは、7日に予選と準決勝、8日に決勝が行われる。

【続きを読む】

  • レース直後、号泣した池江は表彰式では晴れやかな笑顔をみせた(撮影・甘利慈)
  • 優勝した池江
  • 競泳の日本選手権女子100メートルバタフライで優勝しリオ五輪代表を決め、笑顔の池江璃花子(右)と星奈津美=東京辰巳国際水泳場
  • 女子100メートルバタフライ決勝優勝した池江璃花子=東京辰巳国際水泳場
  • 女子100メートルバタフライ決勝優勝した池江璃花子=東京辰巳国際水泳場
  • 女子100メートルバタフライで優勝し、感極まる池江璃花子。右は星奈津美=東京辰巳国際水泳場
  • 優勝した池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(撮影・甘利慈)
  • リオ五輪出場を決めた池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(撮影・川口良介)
  • リオ五輪出場を決め星奈津美と抱き合う池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(撮影・川口良介)
  • 涙する池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(撮影・川口良介)
  • インタビューで涙する池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(撮影・川口良介)
  • 決勝・上位成績