2016.4.1 08:06

真央、3回転半失敗…SP9位出遅れ 宮原は6位/フィギュア

真央、3回転半失敗…SP9位出遅れ 宮原は6位/フィギュア

特集:
浅田真央
女子SPの演技を終えた浅田真央=ボストン(共同)

女子SPの演技を終えた浅田真央=ボストン(共同)【拡大】

 フィギュアスケートの世界選手権第2日は3月31日、米ボストンでの女子ショートプログラムで、優勝した2014年以来2大会ぶりの出場となった浅田真央(中京大)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の着氷でバランスを崩して両手をつくなど、ジャンプにミスが出て65・87点の9位と大きく出遅れた。

 前回2位の宮原知子(関大)が70・72点で、首位グレーシー・ゴールド(米国)と5・71点差の6位、本郷理華(邦和スポーツランド)は69・89点で7位につけた。上位24選手によるフリーは2日(日本時間3日)に行われる。(共同)

浅田真央の話「着氷が乱れた)トリプルアクセルは回転がちょっと甘かった。アクセルは悔やまれるが、そのほかの部分は自分の滑りができた。まあまあ、こんな感じかな」

宮原知子の話「悪くはなかったかなと思ったけど、やっぱりジャンプでは緊張した。練習ほどよくはなかった。もう少し改善するところがある。フリーで挽回したい」

本郷理華の話「ジャンプをすべて決めることができて、表現面でも練習してきたことが出せた。4点も自己ベストを更新できてびっくりして、すごくうれしかった」

  • 女子SPバランスを崩す浅田真央=ボストン(共同)
  • フィギュアスケート世界選手権の女子SPで演技する浅田真央=ボストン(共同)
  • 女子SP演技する浅田真央=ボストン(共同)
  • 女子SPの演技を終え、声援に応える浅田真央=ボストン(共同)
  • 女子SP演技する浅田真央=ボストン(共同)
  • 女子SP演技する宮原知子=ボストン(共同)
  • 女子SP演技する宮原知子=ボストン(共同)
  • 女子SP演技する本郷理華=ボストン(共同)
  • 女子SP演技する本郷理華=ボストン(共同)
  • 女子SPで首位に立ったグレーシー・ゴールド=ボストン(共同)