2016.3.29 16:50

舛添都知事、東京マラソンのゴール地点変更に「ランナーにとって最高のおもてなし」

舛添都知事、東京マラソンのゴール地点変更に「ランナーにとって最高のおもてなし」

 東京マラソン財団は29日、東京都内で理事会を開き、来年2月26日の大会からゴールを丸の内側の東京駅前へ移すコース変更を決めた。これまでの臨海副都心の東京ビッグサイトは海外の主要大会と比べて景観上の華やかさを欠き、皇居へと続く行幸通りに赤れんがの駅舎を背にゴールすることで東京の魅力を発信する狙いがある。スタートは都庁前で変更はない。

 新コースには国技館のある両国などが新たに加わり、五街道の起点である日本橋も渡る。銀座や浅草も通過する点は変わらないが、細かい起伏の連続で終盤にランナーを苦しめてきた臨海地区は外れた。

 東京都の舛添要一知事は記者会見で「東京の素晴らしさを国内外に伝え、記録を狙える高速コースにするための変更」と指摘し、「東京駅をバックにしたゴールは絶対に絵になる。ランナーにとって最高のおもてなしだ」とアピールした。