2016.3.29 10:28

ロシアの五輪メダリスト、元コーチの名誉回復を求め大統領に支援要請

ロシアの五輪メダリスト、元コーチの名誉回復を求め大統領に支援要請

 ロシアの反ドーピング機関(RUSADA)が同国のトップ選手を長期間指導してきた競歩のチェギン元コーチに永久資格停止処分を科した問題で、4人の五輪メダリストが元コーチの名誉回復を求め、公開質問状でプーチン大統領に支援を要請したことが28日、分かった。AP通信が報じた。

 訴えた選手には違反でメダルを剥奪された2人も含まれ、元コーチを「真のプロフェッショナル」と表現した上で処分を受けた理由は西側諸国の政治的な重圧とした。

 世界反ドーピング機関(WADA)の第三者委員会が公表した調査報告書でも元コーチは永久追放を勧告されていた。(共同)