2016.3.29 02:04

東京マラソン、来年のゴール地点は東京駅前に変更へ

東京マラソン、来年のゴール地点は東京駅前に変更へ

 来年の東京マラソンのゴール地点が、これまでの臨海副都心の東京ビッグサイトから東京駅前へ変更される見通しであることが28日、関係者への取材で分かった。29日の東京マラソン財団理事会で正式に決まる。スタート地点の都庁は変わらない。

 東京マラソンは今年2月の開催で10回の節目を迎えた。開業100年を過ぎた東京駅や皇居など観光名所が集まるエリアにゴール地点を移すことで、レースをさらに盛り上げる狙いがあるとみられる。

 東京都の舛添要一知事は昨年6月の記者会見で、ブランデンブルク門をゴールとするベルリン・マラソンを例に「(ランナーが)ビッグサイトに入ってきた時に感動はない。やはり万雷の拍手を浴びながらゴールするのがいいし、東京スカイツリーでも皇居でも、東京だという(景色も)あった方がいいと思う」と述べ、コース変更の必要性を指摘していた。

 今年の東京マラソンは3万6000人を超えるランナーが参加し、男子はリオデジャネイロ五輪の代表選考会を兼ねて行われた。