2016.3.27 18:04

白鵬、優勝インタビューで“涙の謝罪”「変化で…申し訳ないです」/春場所

白鵬、優勝インタビューで“涙の謝罪”「変化で…申し訳ないです」/春場所

感極まり涙ぐむ優勝した白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)

感極まり涙ぐむ優勝した白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)【拡大】

 大相撲春場所千秋楽(27日、エディオンアリーナ大阪)横綱白鵬が、横綱日馬富士を突き落としで破り、14勝1敗。自らの史上最多を更新する36度目の優勝を飾った。それでも“変化”をみせた取組に館内からはブーイングも沸き起こり、白鵬は優勝インタビューで異例の“謝罪”も行った。

 千秋楽の結びの一番、しかも優勝が決まる土俵で白鵬は、立ち合い左に動いた。右手を日馬富士の顔面に差し出し、わずかに左に“変化”すると、日馬富士は体勢を崩し、土俵に落ち一瞬で勝負が決した。

 取組後は、館内からブーイングが起こった。優勝インタビューに臨んだ白鵬は「どうもありがとうございます。長い間、優勝から遠ざかっていましたので…。苦悩? まあ、今までね…」と、言葉が続かなかった。

 そして、自ら切り出すように「本当に、千秋楽…、ああいう変化で決まると思わなかったので、申し訳ないです」とマイクを通して“謝罪”した。

八角理事長(元横綱北勝海)の話「白鵬はやっぱり安定している。負ける要素がない。今場所はいつもの白鵬に戻った。稀勢の里の13勝は大きい。負けたのは横綱2人。立派だと思う。(来場所の綱とりは)相当ないい雰囲気が出てくればね」

伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)の話「白鵬は(日馬富士の)突っ込みを警戒していたのだろう。物足りない相撲だったとはっきり言える。稀勢の里は今まで以上に安定感があったが、(来場所の綱とりを考えると)全体的にもう一つ物足りない」

千秋楽結果へ

  • つきおとしで日馬富士を下す白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 36度目の優勝を決め、インタビューで感極まる横綱白鵬=エディオンアリーナ大阪
  • 後援者らのバンザイの中、賜杯を手にする優勝した白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 感極まり涙ぐむ優勝した白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 感極まり涙ぐむ優勝した白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 涙を拭きながら残りの表彰に望む優勝した白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 感極まり涙ぐむ優勝した白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 36度目の優勝を決め、八角理事長から賜杯を受け取る白鵬=エディオンアリーナ大阪
  • 白鵬が突き落としで日馬富士を破り、36度目の優勝を決める=エディオンアリーナ大阪
  • 日馬富士を突き落としで破り、36度目の優勝を決めた白鵬=エディオンアリーナ大阪
  • 白鵬が突き落としで日馬富士を破り、36度目の優勝を決める=エディオンアリーナ大阪
  • 日馬富士を突き落としで勝った白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・高井良治)