2016.3.21 05:03(1/3ページ)

松永、初Vで五輪決定!日本選手権の悔しさ晴らした/競歩

松永、初Vで五輪決定!日本選手権の悔しさ晴らした/競歩

松永は先頭でゴールテープを切り、こん身のガッツポーズ。リオ行きを決めた

松永は先頭でゴールテープを切り、こん身のガッツポーズ。リオ行きを決めた【拡大】

 全日本競歩能美大会(20日、石川・能美市日本陸連公認コース)20キロ競歩のリオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねて行われ、男子は松永大介(20)=東洋大=が1時間18分53秒で初優勝。日本陸連が定めた派遣設定記録突破と今大会日本選手1位の条件を満たし、初の五輪代表に決まった。女子は岡田久美子(24)=ビックカメラ=が1時間30分3秒で制したが、派遣設定記録には届かなかった。

【続きを読む】

  • 男子20キロ競歩、1時間18分53秒で優勝し、ガッツポーズする松永大介=石川県能美市
  • 男子20キロ競歩で優勝して五輪代表に決まり、メダルを手に笑顔の松永大介=石川県能美市
  • 男子20キロ競歩で、優勝した松永大介(左)を祝福する2位の西塔拓己=石川県能美市
  • 女子20キロ競歩、1時間30分3秒で優勝した岡田久美子=石川県能美市
  • 男子20キロ競歩、序盤でレースを引っ張る松永大介(41)=石川県能美市
  • 女子20キロ競歩、中盤で競り合う岡田久美子(中央)=石川県能美市
  • 女子20キロ競歩を制し、表彰式で笑顔の岡田久美子=石川県能美市
  • 男子20キロ競歩で5位の藤沢勇=石川県能美市