2016.3.19 11:50

桐生、60M日本記録に迫るも決勝進出ならず「タイムはどうでもいい」/陸上

桐生、60M日本記録に迫るも決勝進出ならず「タイムはどうでもいい」/陸上

男子60メートル準決勝 力走する桐生祥秀(6)=ポートランド(AP)

男子60メートル準決勝 力走する桐生祥秀(6)=ポートランド(AP)【拡大】

 陸上の世界室内選手権第2日は18日、米オレゴン州ポートランドで行われ、男子60メートル準決勝1組で桐生祥秀(東洋大)は室内日本記録にあと0秒01と迫る6秒56で3着となったが、全体の9番目のタイムにとどまり、8人で争う決勝進出はならなかった。8番目とは0秒01差だった。

 桐生は予選では全体の7番目となる6秒59の7組2着で通過していた。

 昨年の世界選手権100メートル銅メダルのトレイボン・ブロメル(米国)が6秒47で優勝した。中国勢の謝震業が4位、蘇炳添が5位に入った。

 女子走り幅跳びの甲斐好美(VOLVER)は3回ともファウルに終わり、記録なしだった。(共同)

桐生祥秀の話「何も考えず、スタートから思い切って行った。(自己最高だが)決勝に行けなかったので、タイムはどうでもいい。中盤は(予選より)準決勝の方が良かった」

甲斐好美の話「攻めていった結果なので後悔はない。とても楽しかった。スピードはほかの選手と変わらないと思った。これからも自分の限界に向けて頑張る」

  • 男子60メートル予選ゴールする桐生祥秀(中央)=ポートランド(AP)