2016.3.18 05:01(2/2ページ)

登坂、理想のヒップは「ピッと上がっている」吉田沙保里/レスリング

登坂、理想のヒップは「ピッと上がっている」吉田沙保里/レスリング

特集:
吉田沙保里
登坂(左)は送別会に駆けつけた吉田(右)とポーズを取る

登坂(左)は送別会に駆けつけた吉田(右)とポーズを取る【拡大】

 卒業式を終え、大人への階段を上ったレスリング界期待の星も、世の女性と同じ“悩み”を抱えていた。きれいなお尻のラインがほしい! 登坂がリオでの金メダル獲得に向け、ヒップアップ計画を打ち明けた。

 「昨日からお尻の周りを強化しているんです。バランスをとったりするのがみんなより苦手で」

 48キロ級世界選手権3連覇の実力者だが、初の五輪を前に弱点と捉えているのがバランス感覚。でん筋(お尻の筋肉)や内転筋を鍛えれば「下半身が安定するし、動きだしがよくなる」と考え、着手した。理想は五輪3連覇中の53キロ級女子日本代表の吉田沙保里だ。

 「沙保里さんのお尻はピッと上がっている。でも、私はないので」

 その吉田からは、同日に道場で開かれたレスリング部の送別会で「金メダルをとれるように、力を合わせて頑張りましょう」とエールをもらった。学長賞の表彰も受けたはかま姿の22歳は8月の本番に備え、美しいヒップラインを作り上げる。(小松真也)