2016.3.18 10:46

ケニア・ルガドCEO、反ドーピング法成立に自信/陸上

ケニア・ルガドCEO、反ドーピング法成立に自信/陸上

 ケニア反ドーピング機関のルガト最高経営責任者(CEO)は17日、世界反ドーピング機関(WADA)の統一コードに従った反ドーピング法案の成立に自信を示した。WADAから「監視リスト」に提示されているケニアは4月5日までに改善策を提出するように期限を設定されている。ロイター通信が報じた。

 WADAから反ドーピング態勢でロシアと同様に「不適格組織」と認定された場合、ケニアの陸上選手が8月のリオデジャネイロ五輪から除外される可能性もある。(共同)