2016.3.10 20:51

実業団車いす陸上部が発足…岡山で佐藤ら3選手

実業団車いす陸上部が発足…岡山で佐藤ら3選手

 岡山市の人材派遣関連会社「グロップサンセリテ」に車いす陸上部が発足し、所属3選手が10日、同社で記者会見した。障害者スポーツの実業団チームは全国的にも珍しく、リオデジャネイロ・パラリンピックで活躍が期待される佐藤友祈(26)は「障害のある人生を前向きに変えてくれた車いす陸上に、これまで以上に打ち込んで社会に恩返しがしたい」と話した。

 同社は練習や遠征などの競技活動を業務とみなし、遠征や用具購入の費用を支援。スポーツを通じた地域貢献と障害者支援を目指す。選手兼監督で、パラリンピック3大会連続出場を狙う松永仁志(43)は「岡山を拠点に障害者スポーツの魅力を国内外に発信したい」と意気込んだ。