2016.2.29 23:00

日本男子、3連勝で決勝Tへ!シンガポール、ポーランドに順当勝ち/卓球

日本男子、3連勝で決勝Tへ!シンガポール、ポーランドに順当勝ち/卓球

男子1次リーグ ポーランド戦でプレーする丹羽孝希=クアラルンプール(共同)

男子1次リーグ ポーランド戦でプレーする丹羽孝希=クアラルンプール(共同)【拡大】

 卓球の世界選手権団体戦第2日は29日、クアラルンプールで1次リーグが行われ、日本男子は開幕3連勝とし、決勝トーナメント進出を決めた。

 世界ランク3位の男子はC組で30位のシンガポールに3-1、12位のポーランドに3-0で順当勝ちした。次戦はウクライナと対戦する。

 シングルス5試合による3戦先勝方式で1次リーグの上位3位までが決勝トーナメントに進む。(共同)

大島祐哉の話「(ポーランド戦は)完勝できて、大会にも慣れてきた。足は動いている。チームに勢いをつけられてよかった」

吉村真晴の話「(自身初戦で)いろいろ考え過ぎてしまった。精神的にナーバスなところが出たが、最後はポジティブな考えに切り替えることができた」

  • 男子1次リーグポーランド戦でプレーする水谷隼=クアラルンプール(共同)
  • 男子1次リーグポーランド戦でプレーする大島祐哉=クアラルンプール(共同)
  • 男子1次リーグシンガポール戦でプレーする丹羽孝希=クアラルンプール(共同)
  • 男子1次リーグ、シンガポール戦でプレーする大島祐哉=クアラルンプール(共同)
  • 男子1次リーグ、シンガポール戦の3番手で勝利し、丹羽孝希(右)らに迎えられる吉村真晴=クアラルンプール(共同)
  • 男子1次リーグ、シンガポール戦でプレーする吉村真晴=クアラルンプール(共同)