2016.2.28 22:30

日本、男女とも白星スタート 世界選手権団体戦が開幕/卓球

日本、男女とも白星スタート 世界選手権団体戦が開幕/卓球

チェコ戦でプレーする石川佳純=クアラルンプール(共同)

チェコ戦でプレーする石川佳純=クアラルンプール(共同)【拡大】

 卓球の世界選手権団体戦は28日、クアラルンプールで開幕し、前回大会準優勝で世界ランキング2位の日本女子は、1次リーグB組初戦で15位のチェコ、第2戦で26位のブラジルにともに3-0で勝ち、2連勝スタートとなった。29日は北朝鮮と対戦する。

 チェコ戦は福原愛(ANA)石川佳純(全農)と15歳の伊藤美誠(スターツ)の陣容で臨み、ブラジル戦は石川、若宮三紗子(日本生命)と17歳の浜本由惟(エリートアカデミー)を起用した。

 4大会連続銅メダルで世界ランク3位の日本男子は、1次リーグC組の初戦で20位のベラルーシに3-0で快勝した。エースの水谷隼(ビーコン・ラボ)、大島祐哉(早大)丹羽孝希(明大)がいずれも勝った。29日はシンガポール、ポーランドと顔を合わせる。

 男女とも6チームずつ4組に分かれて1次リーグが行われ、上位3チームが決勝トーナメントに進む。(共同)

大島祐哉の話「とても緊張したが、何とか勝つことができてよかった。格下の相手はいないと思っている。世界ランクがどんな選手でも、向かっていく気持ちでやっている」

丹羽孝希の話「2連勝で(自分の試合が)きたので気持ちは楽だった。3番手も悪くない。日本は5人とも強いので、出られるだけでうれしい。相手の情報がなかったので、飛ばしていった」

  • チェコ戦でプレーする福原愛=クアラルンプール(共同)
  • チェコ戦でプレーする伊藤美誠=クアラルンプール(共同)
  • ブラジル戦でプレーする浜本由惟=クアラルンプール(共同)
  • ブラジル戦でプレーする石川佳純=クアラルンプール(共同)
  • ブラジル戦でプレーする若宮三紗子=クアラルンプール(共同)
  • ベラルーシ戦でプレーする水谷隼=クアラルンプール(共同)
  • 男子1次リーグベラルーシ戦でプレーする丹羽孝希=クアラルンプール(共同)
  • 男子1次リーグベラルーシ戦でプレーする水谷隼=クアラルンプール(共同)
  • 男子1次リーグベラルーシ戦でプレーする大島祐哉=クアラルンプール(共同)
  • 男子1次リーグベラルーシ戦の1番手で勝利し、丹羽孝希(右端)らに迎えられる水谷隼(左端)=クアラルンプール(共同)
  • チェコ戦の2番手で勝利し、伊藤美誠(右)に迎えられる石川佳純。中央は福原愛=クアラルンプール(共同)