2016.2.27 13:56

今井正人、リオ五輪へ「ゆったりと余裕をもってやりたい」と自信/マラソン

今井正人、リオ五輪へ「ゆったりと余裕をもってやりたい」と自信/マラソン

練習後、取材に応じる今井正人

練習後、取材に応じる今井正人【拡大】

 リオデジャネイロ五輪男子代表選考会を兼ねた28日の東京マラソンに出場する有力選手が27日、東京都内で調整した。前回大会で日本歴代6位となる2時間7分39秒をマークした今井正人(31)=トヨタ自動車九州=は、「しっかり調整してきた。ゆったりと余裕をもってやりたい」と自信をみせた。

 1年前は37位と惨敗したロンドン五輪代表の藤原新(34)=ミキハウス=は、現在の状態を野球に例え、「バットに当たればボールは飛ぶ体はできている。三振かホームラン」と一発逆転に挑む。

 初マラソンに挑む村山謙太(23)=旭化成=は、「やるべきことはやってきた。どれぐらいできるか楽しみ」と不敵な笑み。25位に終わった昨年の雪辱を期す、14年仁川アジア大会2位の松村康平(29)=三菱日立パワーシステムズ長崎=は、「五輪は4年に1度。緊張感がある」と気を引き締めた。