2016.2.15 18:48

桐生、今季初戦は3月世界室内選手権 大会後は米国合宿も/陸上

桐生、今季初戦は3月世界室内選手権 大会後は米国合宿も/陸上

 陸上男子100メートルで日本歴代2位の10秒01の記録を持つ桐生祥秀(東洋大)が今季初戦として世界室内選手権(3月17~20日、米オレゴン州ポートランド)の60メートルに出場する方針を固めたことが15日、分かった。指導する東洋大の土江寛裕コーチが明らかにした。

 大会後は米国で合宿をする予定で、国内大会のレース出場計画は現段階で未定だという。桐生は既にリオデジャネイロ五輪の100メートルの参加標準記録(10秒16)を突破しており、土江コーチは「焦らずにしっかり(6月の)日本選手権に合わせていきたい」と話した。(共同)