2016.2.7 21:34

パラ推薦、道下ら6人に/マラソン

パラ推薦、道下ら6人に/マラソン

 日本盲人マラソン協会(JBMA)は7日、リオデジャネイロ・パラリンピック視覚障害男女代表推薦1~3位の計6人を発表し、男子は堀越信司(NTT西日本)岡村正広(RUNWEB)和田伸也(JBMA)、女子は道下美里(大濠公園ブラインドランナーズク)近藤寛子、西島美保子(以上JBMA)の順番に決まった。

 JBMAによると、6月末に国際パラリンピック委員会(IPC)が陸上全体で日本の派遣可能な人数を日本パラリンピック委員会(JPC)に通達し、メダルの可能性を見据えて各種目の割り当てが決まるという。原田清生常務理事は「できるだけ送りたいが(他種目の)世界ランキングなどのバランスで決まる」と説明した。

 堀越と道下は昨年4月の世界選手権を兼ねたロンドン・マラソンで銅メダルを獲得し、推薦順位1位が決まっていた。(共同)