2016.2.7 20:20

岡村「後ろから追い越されるかも」危機感が後半の粘りに/マラソン

岡村「後ろから追い越されるかも」危機感が後半の粘りに/マラソン

 陸上の別府大分毎日マラソンは7日、大分市高崎山うみたまご前から大分市営陸上競技場までの42・195キロで行われた。視覚障害男子は2012年のロンドン・パラリンピックで4位となった岡村が制し「自信になる」と胸を張った。

 ライバルの堀越が途中棄権したことを知らず「後ろから追い越されるかも」と危機感を持っていたことが後半の粘りにつながったという。45歳のベテランランナーは「後半に勝負できるスタミナをもっとつける」と力を込めた。(共同)