2016.1.8 05:00

女子21年ぶり!東京勢、準決勝に3校残る/春高バレー

女子21年ぶり!東京勢、準決勝に3校残る/春高バレー

 全日本高校選手権第3日(7日、東京体育館)男女の3回戦と準々決勝の計24試合を行い、ベスト4が出そろった。女子は2連覇を目指す金蘭会(大阪)のほか、高校総体準優勝の文京学院大女、国体7位の八王子実践、下北沢成徳と、東京勢3校が進出。

 女子で東京勢が準決勝に3校残るのは、全日本高校選手権では6人制が始まった第16回(昭和38年)以降で初めて。2校は過去に6度あり、第16回大会で三鷹、第23回大会(昭和45年)で八王子実践、第47回大会(平成6年)で共栄学園が優勝している。「春の高校バレー」としては、第26回全日本高校選抜優勝大会(平成7年3月)に共栄学園が優勝、八王子実践が準優勝、淑徳学園(現・淑徳SC)が3位になっている。

(紙面から)