2015.12.28 05:00

【佐野稔の舞評論】真央、あとはアクセルだけ

【佐野稔の舞評論】

真央、あとはアクセルだけ

特集:
浅田真央

 浅田にとって一番大きな武器、トリプルアクセルが決まらないのは寂しいが、後半の演技はビシッと決まっていた。特に苦手のルッツを、正しい踏み切りで跳べたのはよかった。

 逆に言えばあとはアクセルだけということだ。今回、SPでルッツを外して難度を下げたのに、アクセルで失敗。フリーでも転倒した。彼女のアクセルは、若い選手が一か八かで跳ぶのとは違って実績があるのだから、もう少し安定感がほしい。復帰後、確実に跳べるというものをつかみ切れていないのだろう。精神的な部分が大きいと思う。

 四大陸選手権代表にも選ばれ、世界選手権の前に経験も積める。お正月を休み、リフレッシュして練習に臨めば、いい方向へ進むと思う。

 宮原は、ジャンプに派手さはないが、ミスなく確実に点数を重ねていける、貴重な存在。このまま前進してほしい。(1976年インスブルック五輪代表、77年東京世界選手権銅メダリスト)

(紙面から)