2015.11.5 18:49(1/2ページ)

【練習後の一問一答】真央「自分のできる最高難度をしたい」/フィギュア

【練習後の一問一答】

真央「自分のできる最高難度をしたい」/フィギュア

特集:
浅田真央
中国杯の公式練習で調整する浅田真央=北京(共同)

中国杯の公式練習で調整する浅田真央=北京(共同)【拡大】

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯は6日、北京で開幕する。5日は大会会場で公式練習が行われ、女子でGPシリーズ復帰戦となる浅田真央(中京大)が、本郷理華(邦和スポーツランド)とともに調整した。

 --練習を終えて

 「きのう練習して悪いときの調子だった。きょうはいい緊張感の中でまずまずの調子でできてよかった」

 --予定していた演技構成を変更

 「(連続3回転は)フリップ-トーループよりフリップ-ループの方が得意。ジャパン・オープン後から始めた。練習では安定してなかったけどきょうの時点で悪くなかった。ジャンプの構成になれてきているのでやりやすい。積み上げてきたものの集大成。ようやく自分が目指してきたもののレベルにきている」

 --休養中にロシア勢が台頭した

 「(ロシア勢と)対戦するというより、自分の目指してきたレベルを達成したい気持ちが強い。若い選手もレベルアップしてきているけど、負けないような構成になってきている。自分のできる最高難度をしたい」

 -ルッツの調子も上がっている

 「何かといわれれば難しいけど楽に跳べるようになった。いまのスケート界はレベルが上がってきていることに後押しされている。刺激をもらっている。ついていかないといけない」

 --グランプリシリーズの初戦

 「ジャパン・オープンのときは戻ってきたなと思ったけど、あすに向けて自分のできることをしたい。ファイナルにいくための第一戦。集中して自分のやるべきことをやりたい」

【続きを読む】

  • 中国杯の公式練習で調整する浅田真央=北京(共同)