2015.11.4 05:01

河田、土屋を1回28秒でKO「勝った実感ない」/BOX

河田、土屋を1回28秒でKO「勝った実感ない」/BOX

MVPのスーパライト級・河田=後楽園ホール(撮影・納冨康)

MVPのスーパライト級・河田=後楽園ホール(撮影・納冨康)【拡大】

 プロボクシング・東日本新人王決勝戦(3日、後楽園ホール)Sライト級で河田神二郎(25)=宮田=が土屋浄司(22)=フラッシュ赤羽=を1回28秒、KOで下して優勝。最優秀選手賞を獲得した。技能賞はミニマム級の小浦翼(21)=E&Jカシアス、敢闘賞はSフェザー級の石川元希(22)=M・T。全日本新人王決定戦は12月20日(東京・後楽園ホール)に行われる。

 元自衛官の河田がゴングから28秒で2度のダウンを奪い、今大会最短のKO勝ち。「こんなに早いのは初めて。勝った実感がない」と戸惑っていた。高校卒業後に陸上自衛隊に入り、第1空挺団に配属。2年以上の猛訓練に耐えてきた。ボクシングを始めて2年だが、自慢のパワーとスタミナでMVPも獲得。全日本新人王に向けて「KOにはこだわらない。勝てればいい」と話した。

(紙面から)

  • 表彰式で(左から)技能賞のミニマム級・小浦、MVPのスーパライト級・河田、敢闘賞のスーパーフェザー級・石川=後楽園ホール(撮影・納冨康)
  • スーパーライト級で土屋(手前)に1R28秒KO勝利した河田=後楽園ホール(撮影・納冨康)
  • スーパーライト級で土屋から1回目のダウンを奪う河田(右)=後楽園ホール(撮影・納冨康)
  • スーパーライト級で土屋(手前)に1R28秒KO勝利した河田=後楽園ホール(撮影・納冨康)
  • スーパーライト級で土屋に1R28秒KO勝利した河田(右)=後楽園ホール(撮影・納冨康)
  • スーパーライト級で土屋に1R28秒KO勝利し、バック宙を披露する河田=後楽園ホール(撮影・納冨康)
  • スーパーライト級で土屋に1R28秒KO勝利した河田=後楽園ホール(撮影・納冨康)