2015.9.21 19:12

川淵会長、代表の愛称“隼ジャパン”にかみつく「こんなにおかしいのはない」/バスケ

川淵会長、代表の愛称“隼ジャパン”にかみつく「こんなにおかしいのはない」/バスケ

隼ジャパンにかみついた川淵三郎会長

隼ジャパンにかみついた川淵三郎会長【拡大】

 日本バスケットボール協会の川淵三郎会長(78)が、日本代表の愛称にかみついた。現在は男女ともに“隼ジャパン”で、「女子にふさわしいネーミングにした方がいい。こんなにおかしい愛称はない」と一刀両断した。

 サッカー女子代表は2011年ドイツW杯で優勝し、“なでしこ”の名を世間にとどろかせた。「勝ったら一躍有名になる。選手から『他の名前を募集してほしい』といわれたら、チームにふさわしい名前をつけたい」と話した。 

 川淵会長の改革案に吉田亜沙美主将(27)=JX=は、「もう少し(愛称を)柔らかくしてもいい」と前向き。米WNBAのシアトル・ストームで活躍した渡嘉敷来夢(24)も、「サッカーも男女別だし、変えてもいいと思う」と乗り気だった。

  • バスケットボール女子日本代表の吉田亜沙美主将