2015.8.25 11:00(1/2ページ)

【私の失敗(1)】葛西紀明、長野五輪金に悔し泣き&ヤケ酒

【私の失敗(1)】

葛西紀明、長野五輪金に悔し泣き&ヤケ酒

特集:
私の失敗
失意の長野五輪の思い出を“レジェンド”葛西は切々と語った

失意の長野五輪の思い出を“レジェンド”葛西は切々と語った【拡大】

 2014年ソチ冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプで、葛西紀明(43)=土屋ホーム=は個人ラージヒルで銀、団体で銅メダルを獲得した。1998年長野五輪以降、ルール変更などの影響で低迷が続いていた日本ジャンプ界で16年ぶりの表彰台に立った。昨年11月には日本男子最多となるW杯通算17勝目を挙げるとともに、42歳176日の最年長優勝記録も更新。“レジェンド”が栄光をつかむまでの挫折、苦しみを語った。

 周囲は「がんばれ、ニッポン」と声援を送っていた。1998年2月17日の長野五輪ジャンプ団体戦。会場の白馬ジャンプ競技場に私もいた。応援するわけでもなく、叫んでいた。

 「飛ぶな!」

 「落ちろ!」

 自分が出ていないのに、金メダルを取ってほしくない、そんな気分だった。日本チームは2本目でノルウェーを逆転して金メダル。優勝の瞬間、私は会場にいなかった。2本目が始まる前に、悔し涙を流して宿舎に戻っていた。

 感動的な優勝で全国が歓喜に沸いていただろうが、団体のメンバーから漏れていた私の気持ちはまったく違うものだった。こんな経験はもう二度としたくない。そんな屈辱的な気分にさいなまれていた。

 夜は表彰式に出る気持ちにもならず、とにかく酒を飲むしかなかった。

 気がつけば、午前3時を過ぎていた。白馬村のエコーランド(商業地区)あたりのバーだった。代表のチームメートで、6歳年下の吉岡和也と6時間以上も飲んでいた。浴びるようにグラスを重ねた記憶がある。「このままじゃ終われない」。同じことを何度もつぶやいていた。

【続きを読む】

  • 1998年長野五輪で金メダルを獲得した日本(左から岡部、斉藤、原田、船木)。葛西はメンバーから外れていた