2015.5.11 05:01

高瀬、日本歴代7位10秒09で2位「予想していた」/陸上

>10秒09で2位の高瀬慧=10日、等々力陸上競技場(撮影・桐山弘太)

>10秒09で2位の高瀬慧=10日、等々力陸上競技場(撮影・桐山弘太)【拡大】

 陸上・セイコー・ゴールデングランプリ川崎(10日、川崎市等々力陸上競技場)男子100メートル(向かい風0・1メートル)で高瀬慧(26)=富士通=が自己ベストで、日本歴代7位の10秒09をマークして2位。8月の世界選手権(北京)参加標準記録(10秒16)を突破した。女子やり投げでは海老原有希(29)=スズキ浜松AC=が63メートル80の日本新記録を樹立して4位。日本陸連が定める世界選手権派遣設定記録(63メートル34)を上回った。

 闘争心あふれる走りをみせた。男子100メートルで自己記録を0秒04更新する日本歴代7位の10秒09をマークした高瀬は、「気持ちをすべてぶつけるレースがしたかった。このぐらいのタイムは予想していた。驚きはない」と豪語した。6月の日本選手権(新潟)では100、200メートルの2冠を目指す。

(紙面から)

  • レース後、笑顔を見せる福島千里=川崎市等々力陸上競技場
  • 女子200メートル23秒11で4位の福島千里(左)=川崎市等々力陸上競技場
  • 20秒33で優勝した藤光謙司=等々力陸上競技場(撮影・桐山弘太)
  • 日本の2走・土井杏南から3走・福島千里へのバントンパス=等々力陸上競技場(撮影・桐山弘太)
  • 日本の2走・土井杏南から3走・福島千里へのバントンパス=等々力陸上競技場(撮影・桐山弘太)
  • 20秒33で優勝した藤光謙司=等々力陸上競技場(撮影・桐山弘太)
  • 10秒09で2位の高瀬慧=等々力陸上競技場(撮影・桐山弘太)
  • 日本記録を更新し4位の海老原有希=等々力陸上競技場(撮影・桐山弘太)
  • 日本記録を更新し4位の海老原有希=等々力陸上競技場(撮影・桐山弘太)