2015.5.9 16:57

100メートルの高瀬らが会見「トップスピードで走れるようになった」/陸上

セイコー・ゴールデングランプリ川崎に出場する藤光(左)、高瀬(中)、張培萌(右)

セイコー・ゴールデングランプリ川崎に出場する藤光(左)、高瀬(中)、張培萌(右)【拡大】

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリ川崎が10日、川崎・等々力陸上競技場で行われる。国内外の有力選手が9日、会場で会見。男子100メートルで10秒13の記録を持つ高瀬慧(26)=富士通=は、「今週から、トップスピードで走れるようになった。がむしゃらに闘争心を表現できる走りをしたい」と意気込んだ。

 また2013年モスクワ世界選手権で10秒00を出した張培萌(28)=中国=は、3月のテキサス・リレーで3・3メートルの追い風参考ながら9秒87をマークした桐生祥秀(19)=東洋大=を「素晴らしい。いいライバル」と絶賛。今大会は疲労を考慮して欠場する日本のエースに、「日本と手を組んで(海外勢との)差をどう縮めるかは共通の目標」と“共闘”を呼びかけた。

 男子200メートルに出場する藤光謙司(29)=ゼンリン=は、世界リレー大会(バハマ)男子400メートルリレーで2走を務め、日本の3位入賞に貢献した。帰国から中3日の強行軍に、「万全の状態とはいえないが、しっかりとしたパフォーマンスを発揮したい」とベテランの意地をみせる。