2015.5.1 08:59

中嶋一貴が事故で入院…脊椎損傷も神経系に異常はなし/WEC(1/2ページ)

 【フランコルシャン(ベルギー)30日(日本時間1日)】自動車レースの世界耐久選手権(WEC)は30日、当地のスパフランコルシャン・サーキット(1周7・004キロ)で第2戦が開幕し、2回のフリー走行を実施。最高峰P1クラスに出場しているトヨタ・TS040ハイブリッド1号車の中嶋一貴(30)が追突して脊椎を損傷し、入院する事故が起きた。一貴は今大会の2日目以降を欠場し、今後については経過を見て決めるという。

 事故が起きたのは、雨が降っていた1回目の走行中。一貴は、高速のケメル・ストレートを低速走行していたオリバー・ジャービス(31)=英国=のヨースト・アウディR18eトロン8号車の後部に衝突。背中に痛みを訴えたため、場内の医療センターと近郊のヴェルヴィエ市にある病院で検査を受け、脊椎を損傷していることが判明した。ただ、国際自動車連盟(FIA)の医療担当者は、「検査の結果、神経系の異常は見受けられなかった」としている。

【続きを読む】