2015.4.19 16:20

【今季振り返りの一問一答】羽生「4回転3つに取り組みたい」/フィギュア(1/3ページ)

特集:
羽生結弦
エキシビションを演じる羽生=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)

エキシビションを演じる羽生=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)【拡大】

 フィギュアスケート男子のソチ五輪金メダリスト、羽生結弦(20)=ANA=が19日、今季を振り返り「経験のシーズンだった」と総括した。

 今季を振り返り、来季について語った羽生結弦の一問一答は以下の通り

 --来季について

 「まずプログラム作りから始まると思うんですけど、まだどういう曲にしようかも考えていないですし、まだまだ決まっていない要項もたくさんあります。今季頑張って挑戦しようとしていた4回転ジャンプ3つの構成には取り組みたいなと思っています」

 --(英語で)今季は挑戦して打ち勝ってきたが、けがなどで国内にとどまらなければならず、拠点のトロントであまり練習できなかった。それにどう対処してきたのか

 「ブライアン(オーサー・コーチ)と一緒に練習できなかったことに関しては、すごく難しいものがありました。ただ、その中でも小まめにコミュニケーションを取っていたし、グランプリファイナルでいい演技ができたと自信をつけることができたと思います。一人でやる環境は、少々つらいものがありましたけれども、自分の曲を何回もかけられる環境にもいたので、曲かけの練習をすごくいっぱいできたのは、それこそ(4回転)サルコーの安定性につながったと思います」

 --今季の経験で、来季に生かしたい部分

 「とにかく今季はずっとけが続き。中国杯も、行く前から捻挫していたし、そういうことを含めて自己管理、体調管理、練習の方法であったりを綿密に計画を立てて、何が必要か、何をすべきかを一つ一つ考えるきっかけになったと思います」

 --苦難の今季を、どんな言葉で表すか

 「経験、ですかね。限られた数のスケーターしか、こういう体験はしないと思いますし、オリンピックで優勝したという経験も含めて、そこから次のシーズンへの意気込み、練習方法とか、自分のモチベーションの高め方も、非常にいい経験になりましたし、中国杯での大きなアクシデントについても、そこから6分間(練習)の恐怖心への対処法なり、けがをしたことによってどういう風に自分の調子を上げていくか、リハビリをしながら自分の体を整えていくかということを考えさせられたシーズンだったので、経験を豊富にさせていただいたなという風に思います」

【続きを読む】

関連

  • エキシビションを演じる羽生=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)
  • エキシビションを演じる羽生=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)
  • エキシビションの最後、4回転ループを成功させガッツポーズの羽生=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)
  • エキシビションを演じる羽生=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)
  • エキシビションを演じる羽生=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)
  • エキシビションの最後、4回転ループを成功させガッツポーズの羽生結弦=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)
  • エキシビションでのアンコールに胸に手を当てる羽生結弦=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)
  • エキシビションを演じる羽生結弦=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)
  • 今日引退を発表したキャシー・リードを労う羽生=国立代々木競技場(撮影・桐山弘太)