2015.4.19 14:39

リード姉・キャシーが現役引退…弟クリスは現役続行へ/フィギュア(1/2ページ)

弟のクリス・リードとともに臨んだ会見で、涙ながらに現役引退を表明したアイスダンスのキャシー・リード(左)=東京都渋谷区

弟のクリス・リードとともに臨んだ会見で、涙ながらに現役引退を表明したアイスダンスのキャシー・リード(左)=東京都渋谷区【拡大】

 フィギュアスケート・アイスダンスの日本代表として2010年バンクーバー、14年ソチ五輪などに出場したリード姉弟=木下ク=の姉、キャシー(27)が19日、今季限りでの現役引退を明らかにした。

 「肉体的、精神的に、これで終わりにしようという、自分の中から出てくる思いを抑えられなくなった」とキャシー。コンビを組む弟、クリス(25)の負傷で欠場した四大陸選手権(2月、ソウル)のころから「何かがおかしい」と感じ始めたそうで、「それをぬぐえないまま世界選手権(3月、上海)を滑り終えて(22位)、『駄目なのかな』と思った」と振り返った。

 前日、日本が3位になった国別対抗戦が現役最後の試合となり、「最後に日本で滑れて、とてもうれしい。多くの日の丸が振られ、多くのファンがまなざしをくれる中で最後の滑りをできて、とても感傷的だった」と感極まった。

 またクリスには「私のたった一人のパートナー。あなたは世界で一番勇敢だった。一緒に成長できた(コンビを組んでからの)15年間は、とても言葉では表せない特別なものでした」と、涙ながらに感謝を表した。

【続きを読む】