2015.3.31 18:04

代表チームに災難…佳純&平野美がロストバゲージ/卓球(1/2ページ)

特集:
石川佳純
ハプニングがありながらも、欧州遠征で成果を得て帰国した平野美宇=羽田空港

ハプニングがありながらも、欧州遠征で成果を得て帰国した平野美宇=羽田空港【拡大】

 卓球の世界ツアー・ドイツ、スペイン大会などに出場していた日本代表が31日、全日空便で羽田空港に帰国。ところが、帰路で多くの選手が思わぬハプニングに巻き込まれていた。チームはフランクフルト発とミュンヘン発の便に分かれて帰国したが、いずれもスペインの国内線で預けた荷物がロスト。世界選手権個人戦(4月26日開幕、中国・蘇州)前の世界ツアーを終え、今年最大の舞台に集中したいところだが、余計な心配の種を抱え込まされた。

 「荷物は1個しか出てきませんでした」。石川佳純(22)=全農=が、あきれ顔で話した。「13人くらいがロストになっていましたね。届かなかった荷物には炊飯器とかシューズとかが入ってるんですけど…」。

 より深刻なのは平野美宇(14)=エリートアカデミー=だ。戻ってこないトランクには「ビデオカメラとかユニホームとかが入っているんです…」。多くの選手は世界選手権までの期間、国内で調整に入るが、平野美は4月3日に始まるジュニアサーキット・モーリシャス大会に出場するため2日夜には再び日本を発つ予定。「戻ってこないと困ります。(現地で手続きしてから)48時間以内に着くと言われているので大丈夫だと思いますけど…」。

 帰国便では、幸いすべての荷物が届いた福原愛(26)=ANA=も、ドイツ・オープン後にスペインへ向かった際にロストとなり、1日遅れで到着したという。「1日目は他の人にいろいろ借りまくってました。帰りに預けるときは『ちゃんと来てね、羽田で待ってるからね』と祈りました」と笑う。

【続きを読む】