2015.3.28 19:54

無良、成績下降で「過去の自分に負け続けている」/フィギュア

男子フリーで演技する無良崇人=上海(共同)

男子フリーで演技する無良崇人=上海(共同)【拡大】

 世界選手権最終日(28日、上海)男子でSP23位の無良崇人(24)=HIROTA=は合計211・74点。小塚に続く2番滑走だった。

 「どん底の状態から、身の詰まったものができるかが課題だった。得点は気にしていない。充実した4分半だった」

 不調に陥ったアクセルジャンプの原因がわからず、この日の公式練習は不安を抱えたまま臨んだという。今季はスケートカナダを制し最高の滑り出しをみせたが、その後は下降線をたどった。

 「シーズンを通していい成績を残すプレッシャーを感じた。過去の自分に負け続けている」。昨年末で電撃引退した町田樹さんに代わって出場した大舞台は、ほろ苦い形で幕を閉じた。「一から作り上げられたら。しっかりしたプログラムにしていきたい」と来季へ巻き返しを誓った。