2015.3.16 05:01

鈴木と同郷の松井氏も仰天「世界記録はすごいですね」/陸上

1時間16分36秒の世界新記録でゴールした鈴木雄介=石川県能美市

1時間16分36秒の世界新記録でゴールした鈴木雄介=石川県能美市【拡大】

 全日本競歩能美大会(15日、石川県能美市日本陸連公認コース)男子20キロでロンドン五輪代表の鈴木雄介(27)=富士通=が1時間16分36秒の世界新記録で優勝した。地元の石川・能美(のみ)市で世界記録を26秒も更新し、8月の世界選手権(北京)代表に決まった。

 石川・能美市出身で巨人やヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏は「世界記録はすごいですね。能美市から素晴らしいアスリートが出て、うれしいです」と手放しで称賛した。県南部に位置する同市は、元首相で2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(77)と松井氏の出身地である根上(ねあがり)町、寺井町と鈴木が生まれ育った辰口(たつのくち)町の3町が05年に合併し発足した。人口は約5万人。

(紙面から)