2015.2.24 05:01

日本勢トップ7位の今井「一本だけでは評価されない」/マラソン

東京マラソンから一夜明け、取材に応じる今井正人=23日、東京都内のホテル

東京マラソンから一夜明け、取材に応じる今井正人=23日、東京都内のホテル【拡大】

 22日の東京マラソンで日本歴代6位の2時間7分39秒をマークし、日本勢トップの7位に入った今井正人(30)=トヨタ自動車九州=がレースから一夜明けた23日、東京都内で取材に応じた。

 10度目のマラソン挑戦での快走に「今まで悔しいマラソンばかり。しっかり走れてよかった。でも一本だけでは評価されない」。順大時代に箱根駅伝の山上り5区で活躍した元祖“山の神”はレース後、駆けつけた友人たちと「自分を見失わない程度」に息抜きした。無料通信アプリLINEに約200件、携帯電話には約100件の祝福メールが届いたという。

 代表入りが有力となった8月の世界選手権(北京)に向けては「疲れを早めに抜いて(練習を)やっていきたい。暑さに抵抗感はない」と自信を示した。 (江坂勇始)

(紙面から)