2015.2.20 05:01

東京マラソン、警備強化でペットボトル飲料持ち込み禁止に

 8月の世界選手権(北京)代表選考会を兼ねた東京マラソン(22日、サンケイスポーツなど後援)の出場者の受け付けなどを行うイベント「東京マラソンEXPO」が19日、江東区の東京ビッグサイトで開幕した。

 今大会は例年以上に警備が強化される。東京都庁前のスタートエリアは、これまで許されていたペットボトル飲料の持ち込みが一切禁止に。その分、スタート前の水分補給は給水所を2カ所から5カ所に増やすことで対応する。また、ゲート式金属探知機や監視カメラを増設し、警備員も増員する。

 警視庁は19日、東京・霞が関の本部庁舎で警備犬の訓練を報道陣に公開。7頭が機敏な動きで犯人役に飛び掛かったり、不審物を見つけたりするなど、不測の事態への備えをアピールした。参加者と一緒に走って警戒や応急救護に当たる「ランニングポリス」のユニホームもお披露目した。

(紙面から)