2015.1.26 05:05

重友、日本勢最高3位!どん底から世界陸上最有力に!!/マラソン(1/4ページ)

日本選手トップの全体3位でゴールした重友。世界選手権代表の有力候補に躍り出た (撮影・竹川禎一郎)

日本選手トップの全体3位でゴールした重友。世界選手権代表の有力候補に躍り出た (撮影・竹川禎一郎)【拡大】

 大阪国際女子マラソン(25日、ヤンマースタジアム長居発着)世界選手権(8月、北京)の代表選考を兼ねて行われ、2012年ロンドン五輪代表の重友梨佐(27)=天満屋=が2時間26分39秒で日本勢最高の3位に入った。五輪以降は不振が続き、昨年は64位に沈むなど“どん底”を経験したが、復活をアピール。世界選手権代表争いでも大きくリードした。タチアナ・ガメラ(31)=ウクライナ=が2時間22分9秒で3連覇を果たした。

【続きを読む】