2015.1.23 05:01

豪栄道、がけっ縁7敗「あしたのことを考える」/初場所

 大相撲初場所12日目(22日、両国国技館、観衆=1万668)初のかど番の豪栄道は鶴竜にはたき込まれて7敗目。大関在位3場所目で陥落危機に直面した。13日目は人気の遠藤との対戦が組まれ「(黒星は)過ぎたこと。あしたのことを考える。まだ残りはある」。負け越せば、昭和16年夏場所の五ツ島、平成12年名古屋場所の武双山(のちに復帰)の在位2場所に次ぐ史上3番目の短命大関となる。

12日目結果へ

13日目取組へ

(紙面から)