2015.1.8 05:05

柏井の南ちゃん、下北沢成徳・黒後との打ち合い制す!/春高バレー(1/3ページ)

第1セットで得点し、チームメートと喜び合う中元(左から3人目)。下北沢成徳の黒後とのエース対決を制した (撮影・宮崎瑞穂)

第1セットで得点し、チームメートと喜び合う中元(左から3人目)。下北沢成徳の黒後とのエース対決を制した (撮影・宮崎瑞穂)【拡大】

 全日本高校選手権第3日(7日、東京体育館)男女の3回戦と準々決勝の計24試合を行い、4強が出そろった。女子で柏井(千葉)が3回戦で米沢中央(山形)、準々決勝で下北沢成徳(東京第2)を下し、準決勝に進出。昨年7月のアジアジュニア選手権(台北)、銀メダルメンバーの中元南(2年)が下北沢成徳の黒後(くろご)愛(1年)とのエース対決を制した。また古賀紗理那(3年)擁する熊本信愛女学院は3回戦で敗退。3冠を狙う男子の東福岡は順当に4強入りした。10日に準決勝を行う。

【続きを読む】