2015.1.4 05:02

早大5位…勇退の渡辺監督は涙「新チームで優勝を」/箱根駅伝

今大会を最後に退任する早大の渡辺監督は、思わず涙 (撮影・桐山弘太)

今大会を最後に退任する早大の渡辺監督は、思わず涙 (撮影・桐山弘太)【拡大】

 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町)早大は創部100周年の大会を復路3位、総合5位で終えた。今大会で勇退する渡辺監督は涙を浮かべて振り返った。

 「8割方、選手は力を出してくれたので、良かった。(箱根は)原点。一生忘れることはない」

 往路では6位と出遅れたが、2年連続で6区を走った三浦雅裕(3年)が区間賞を獲得し、流れを作った。8区で4位に浮上したが、最後は力尽きる形となった。

 残される部員たちには「新しいチームで優勝を目指してほしい」とエールを送った。2010年度に3冠(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)へチームを導いた渡辺監督は今後については言葉を濁したが、いずれにせよ、陸上界に携わっていくことを示唆した。 (石井文敏)

(紙面から)