2015.1.3 05:02

連覇諦めない!東洋大、服部が区間賞も3位/箱根駅伝

2区5キロ付近で駒大・村山謙(左)に追いついた東洋大・服部勇 (代表撮影)

2区5キロ付近で駒大・村山謙(左)に追いついた東洋大・服部勇 (代表撮影)【拡大】

 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・大手町-神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場)トップで鉄紺のたすきをつなぐことはできなかった。2連覇を狙う東洋大は3位でゴール。往路優勝を果たした青学大とは6分49秒の大きな差がついた。

 2区では4位でたすきを受けた服部勇馬(3年)が駒大の村山謙太を抜きトップに躍り出た。エースとして各校の有力選手が集う“花の2区”で区間賞。だが、以降が誤算だった。3、4区で引き離すはずが、逆転を許してしまった。服部勇はリードを大きくとれなかったことを悔やんだ。

 「勝負の見極めを焦った。2秒ではなく、30秒差をつけていれば…。青学大が予想以上に力があった」

 それでも、連覇をあきらめるわけにはいかない。酒井俊幸監督(38)は「非常に厳しいですが、何が起こるか分からない。最後まで諦めずにいきたい」と前を向いた。

 筋書きのないドラマが生まれてきた箱根路。東洋大が、王者の誇りを胸に復路に臨む。 (中田愛沙美)

(紙面から)