2015.1.3 05:02

早大・渡辺監督、ラスト采配…高速レースに泣き6位/箱根駅伝

今年度を最後に勇退する早大の渡辺監督は往路6位に渋い表情

今年度を最後に勇退する早大の渡辺監督は往路6位に渋い表情【拡大】

 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・大手町-神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場)創部100周年。節目の早大は往路で6位と出遅れた。山上りの5区を走った山本修平主将(4年)はうっすら涙を浮かべた。

 「思ったより体が動かなかった。実力がなかっただけ。切り替えていくしかない」

 5位でたすきを受けたが、7~8キロ地点で「足が全然動かなくなった」。直前で欠場した昨年のリベンジを誓ったが、約2週間前に故障した左足アキレス腱(けん)と右足底の痛みが再発。16キロ地点で後続の中央学院大に抜かれた。

 今年度で勇退する渡辺康幸監督も「力不足。高速レースになると、うちは厳しい」と嘆いた。その一方で、「あすは区間賞を2つくらい取りたい。何が起こるかわからない。意地を見せてほしい」と力を込めた。

 トップとは9分4秒差と苦しい状況。だが、4年ぶりの王座奪還へ全力を尽くす。(石井文敏)

(紙面から)