2015.1.1 14:15

4区で設楽兄弟が快走!弟・悠太が区間新…優勝は4年ぶりトヨタ自動車/駅伝(2/2ページ)

4年ぶり2度目の優勝を果たし、胴上げされるトヨタ自動車のアンカー・早川翼=群馬県庁前

4年ぶり2度目の優勝を果たし、胴上げされるトヨタ自動車のアンカー・早川翼=群馬県庁前【拡大】

 【第5区】15・8キロ(太田市役所→桐生市役所)

 2位でたすきをもらったトヨタ自動車の大石が、47分19秒の区間トップの走りで1位通過。2位は日清食品グループ、3位コニカミノルタ、4位Honda、5位DeNAと続いた。

 【第4区】22・0キロ(伊勢崎市役所→太田市役所)

 コニカミノルタの設楽啓は、トヨタ自動車の窪田とルーキー同士の激しいデッドヒートを演じた。12・9キロ地点で設楽啓が一時スパートをかけたが、窪田も必死に食らいついた。20キロ地点で設楽啓は左太ももを抑えながら苦しい表情を見せたが、中継所直前でラストスパートし、4秒差のトップでたすきをつないだ。Hondaの設楽悠太は、1時間02分47秒で区間新の快走をみせ、チームを10位から4位に引き上げた。

 【第3区】13・6キロ(前橋市公田町→伊勢崎市役所)

 日清食品グループのエース佐藤がトップを死守。2位は4秒差でコニカミノルタで、菊地から注目の新人・設楽啓太にたすきが渡った。3位はトヨタ自動車、4位DeNA、5位中国電力となった。 

 【第2区】8・3キロ(高崎市役所→前橋市公田町)

 日清食品グループのレオナルドが首位をキープ。2位には11秒差でコニカミノルタのクイラが5位から順位を上げて、たすきを渡した。3位は7人抜きの快走をみせたDeNAのカロキが入った。4位はトヨタ自動車、5位はNTN。 

 【第1区】12・3キロ(群馬県庁→高崎市役所)

 残り1キロの地点で日清食品グループの大迫が飛び出し、トップでたすきを渡した。記録は34分47秒。2位は5秒差でプレス工業の梶原、3位はSUBARUの阿久津と続いた。コニカミノルタは5位で通過した。

佐藤敏信トヨタ自動車監督の話「うれしい。それぞれがミスなく自分の役割を果たしてくれた。7人の総合力で勝った。窪田の気迫が良かった」